×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外で暮らしたら年金は?

年金は、加入期間がたった1月違うだけでも将来もらえる年金額に大きな差を生むことが多々あるので、しっかりとした知識を身につけておきましょう

年金加入時に海外転勤になった場合

年金に加入している人が海外へ移住しなくてはならなくなるケースもあります。たとえば、厚生年金に加入している会社員が、海外の勤務先に転勤になった場合などでは、年金はどのような扱いになるのでしょうか。

年金は、海外にも存在します。そして5年以上海外で住むことになった場合、住むことになった国の年金制度にも加入する必要性が出てきます。日本の年金制度は、第2号被保険者の場合、海外に住んでいる場合でも加入の状態が続くため、日本と居住国と、二つの年金制度への支払いが必要となるケースがあります。

基本的には、自分が移住した国で加入した期間分について、年金の受給が出来ることとなります。複数の国で加入した場合は、一つの国ごとに加入期間が計算され、それぞれの国ごとに、加入期間に合った年金を受け取ることが出来ます。

ただし、日本と海外で年金制度が全く同じならば良いのですが、国によって年金事情も違います。年金の加入期間などの条件によって、保険料を支払うだけで、支払ったはずの年金の受給が出来なくなることもあるようです。自分が住むことになる国が、年金支給に関してどのような条件があるのか、事前に知っておくと良いでしょう。

年金については、社会保障協定などもあるため、海外転勤、一時的な海外移住が決まった時は、まず社会保険事務所など、海外と日本の年金の事情に詳しい人に説明を受け、きちんとした手続きを踏むように心がけましょう。

Designed by CSS.Design Sample