×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

学生の為の年金制度

年金は、加入期間がたった1月違うだけでも将来もらえる年金額に大きな差を生むことが多々あるので、しっかりとした知識を身につけておきましょう

国民年金は二十歳から

年金保険料を納める期間が延長出来る『学生納付特例制度』をご存知でしょうか。二十歳を過ぎた学生の保険料支払いに関し、昨年の所得額に応じて手続き可能になります。

国民年金は、二十歳を迎えると毎月年金保険料を払わなければなりません。学生の人は、社会人の様に稼ぎがない理由から、国民年金について無関心な人も見られます。しかし、自分の老後を考えると、やはり二十歳から支払いを始めた方が好ましいのです。そこで、上記の『学生納付特例制度』を利用する事がお薦めとなります。

所得基準とは「118万円+扶養親族等の数×38万円+社会保険料控除等」を表します。自分の昨年の所得が、この所得基準より少なければ、『学生納付特例制度』にあてはまります。「扶養親族」は自分が養っている人数を指し、「社会保険料」は健康保険料などを指します。年金保険料や健康保険料など、親に、代わりに払ってもらう学生の人も多いでしょう。「結婚・健康保険料支払い」が無く、稼ぎが118万円以下の学生は、対象者という訳です。

年金は、保険料支払い期間によって、老後に貰える年金額が変わって来ます。より良い老後を考えるのであれば、やはり国民年金は、二十歳から支払う事が求められます。この制度を取り入れ、二十歳から年金保険料を払う事は、自分の将来の為でもあります。ずっと先の事と思わず、今から意識を持つ事で、自分の未来も変わってくるでしょう。

Designed by CSS.Design Sample